卒業?それとも・・・

クライアントの幸せを引き出す方法

こんにちは。

最幸の人生をプロデュースする

メンタル・チャクラコーチ大津真美です。

 

今日は、前回の続き・・・

 

クライアント様がシフトチェンジして

セラピーをあまり必要としなくなったとき、

セラピストとして、何ができるのか、そして

それから、どんな風にクライアント様と関わっていくことができるのか・・・です。

 

私がセラピストとして、クライアント様とむきあっていたときは、

それは、卒業を意味していました。

時々、クライアントが半年か一年か数年に一度、

近況報告のメールをくださったり、イベントへ会いにきてくださいます。

そんなお付き合いが、ずっと続いている感じです。

 

でも今は、その頃の気持ちとちょっと違います。

コーチングをしているからです。

 

コーチングは、クライアント様が夢や願い、目標に向かって進む時の

気づきや課題をサポートしたり、

何よりも、クライアント様がそこにたどりつけることを、信じ、ともに歩くことです。

 

ただ、セラピストと違うところは、施術者ではないということ。

 

つまり、

魚を釣って与えるのではなく、魚の釣り方を教えるということ。

それは、クライアント様の自立が前提となっています。

 

その昔、セラピストとコーチの役割は、そんな風に全く違うから、別々に考えていました。

でも今は、セラピストがコーチングもできれば、

クライアント様は、ニュートラルポイントにたって、前に進み始める一歩一歩を

もっともっと、安心して着実に進めるのではないかと思ったのです。

 

だから、シフトチェンジしたクライアントは、

卒業・・・ではなく、伴走

 

 

一緒に目的にへ向かって、冒険開始!!です♪

 

セラピストが、コーチングを学べば、それが可能となります。

 

おそらく、マイナス~ニュートラル~プラス の波は、一生ついてまわるから、

その時その時で必要なフォローができるのは、

セラピストとしての強みにもなるし、クライアント様も心強いと思うのです。

 

だから、私は、セラピストの方を対象にコーチング講座を始めました。

 

セラピーとコーチング。

二つのアプローチができるとどんなメリットがあるのか、

明日はさらに、その辺をお伝えしていきたいと思います。

 

チャクラの活用方法も、この二つのアプローチが可能なのですよ(^^)

次の記事は、こちら

↓↓

セラピーとコーチング・・・2つのアプローチ

 

 

それでは、今日も一日素敵な日となりますように♪

 

メンタル・チャクラコーチ  大津真美

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA